ふんどし女子イチオシふんどしパンツが気持ちいい!絹(シルク)をびわの葉染め、トイレも洗濯も簡単、外出OK!美と健康こだわり、子宮も呼吸できる
店長日記
  • HOME »
  • 店長日記 »
  • 古事記

古事記

ふんどし女子は見た

男性は、自分のモノを見やすいですが、 女性は、見にくいですね。   見にくいから、何十年も自分と共に生きているのに、 姿形をみたことが無い女性は、少なくないでしょう。   自分のカラダの一部なのに、 …

ふんどしパンツで天の岩戸開き

2016年、人生最大のミラクルを体験しました。o(〃^▽^〃)o   何をして、できたか、すべて ブログでシェアしてきましが、 一言でまとめれば、これに尽きます。 「御火戸」(みほと)   古事記で、チツ口のこ …

ふんどしパンツはみほとを護る

古事記で、女神と男神のまぐわいで 国土ができたと記す国、日本。 まぐあいの段取りは、 まず女性を称賛して臨めば好し、と暗示し、 女性器を「御火戸(みほと)」と名付け、奉り 女官のみほとが穢されれば, 天照大神は、怒り、 …

ふんどしパンツと宮簀媛命

神話に性の話が多いのは、 後世の人類に教示したかったのでしょう。 古事記の倭建命(やまとたけるのみこと)と 宮簀媛命(みやずひめみこと)のお話。 月経の血がミヤスヒメの着物の裾に ついているのを見て 「月が出た」とヤマト …

ふんどしパンツと古事記

古事記の性の話は 後世の日本人に何を伝えるため? イザナギとイザナミのレディファーストの教訓、 ヤマトタケルとミヤスヒメの生理と初夜。 天の岩戸開きでアマノウズメの女陰露わな舞い。 そして、日本全国の男根と女陰信仰のお祭 …

天女

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

検索キーワードをお入れください