ふんどしパンツ咲楽姫は、子宮が深呼吸するから

五感が蘇ります。

まるでイモヅル式に、目覚めが広がるので、

戸惑うこともあるでしょう。

 

その一つ、

月経血コントロール

ナプキンの無かった時代は、

ちつの筋肉の収縮で、便意や尿意と同じように

月経血をコントロールしていた!

 

昭和初期ごろから、母親たちは腰巻で、

子供たちはパンツ。

このころが、膣口を布でふさぐ習慣が

日本人女子に勃発した始まり。

 

戦後、紙ナプキンが当たり前になる前は

母親やおばあちゃんが、膣トレのツールを

初潮を迎えた娘に贈りました。

 

それは、綿花。

綿花のワタを膣口周辺にはさみ、

落ちないようにする=月経血を漏らさないようにする。

 

こうして、筋力トレーニングを伝授したのでした。

 

敗戦後、日本が培った風習の多くは

マイナスイメージに塗られて、破棄されたものがあります。

 

特に性にかんすることは。

この風習、教わったこと、ありますか?

 

おしえてくれたであろう世代は、

すでに、伝授されていない世代。

 

今、100才くらいの女性は、知っているかも。

 

 

ふんどしパンツ ふんどし女子

ふんどしパンツテレビ番組『ガールズハッピースタイル』で話題になりました

ふんどしパンツ ふんどし女子