陰陽和合現代の女性は、自分の中の「陰」を抑えがち。

それでいいのでしょうか?

男性の役割「陽」ぱかり優先しては偏ります。

もっと「陰」を意識するよう警告がきます。

 

本来、女性は陰を担う。

「感じる、直観、閃き、感情、衝動、見えないもの」

対して男性は陽を担う。

「考える、構築、計算、思考、計画、見えるもの」

 

自分の中の女性性と男性性がうまくバランスをとる

=「陰陽和合」が理想。

 

子宮から湧き上がるアイデアを

思考が具現化・行動する。

 

女性の中で、そんな陰陽のバランスが良好なら、

外側の世界に反映して、

パートナーと高め合う関係が生まれます。

 

パートナーと仲良く、周りと仲良くしようとしても

自分がまず、自分をないがしろにしていると

うまくいきません。

自分と他と調和のステップ

  1. 自分へ愛をそそぐ。
  2. 自分から湧き出る感情、アイデアをうけとめる。
  3. 「2」を実践する。結果を感じる。それを繰り返し自分への信頼を積み上げる。
  4.  自立した自分で、パートナーとつきあう。自立とは、自分のことは、自分ですべて完結することではありません。ゆだねる、甘え、自分が楽しんでできることで、相手を喜ばすこと。
  5. 性的なエネルギー交流も、「4」と同じくして最善のオリジナルを互いで産み出す。

 

5.のエネルギー交流は、強力な創造エネルギーを生みます。

そのため、古代より、特権階級が大衆を支配するために、

マインドコントロールしてきました。

性を穢れたものとしてタブー視させていたのでした。

 

そんな世界の風潮の中でも日本は、例外。

庶民も、自然体で性を謳歌していました。

自然と共存し、循環型社会を完成させた江戸の文化、

高い教養の庶民など、世界から称賛浴び、同時に警戒されたのは、

その効果が影響していたことでしょう。

 

女性器のひとつが陰 核と名付けられたように、

陰の気を高める核心部分は、センサーと性の起動に重要。

腰巻という解放感ある下着で護られてきたのは、

体内外の循環良く、子宮まわりが深呼吸できるため。

大切な陰の気の活動が尊重されていたからです。

 

現代の多くの女性が、陰核や周辺を圧迫する下着で、

陰の気「直感、感覚、感情、創造性、衝動」を抑圧しています。

 

スクールでは、永年の抑圧下着で凝り固まった感覚をほぐし、

自然な魂の声との交流を復活させ、

夫婦和合をサポートいたします。

 

3回シリーズのスクールです。

詳しくはこちらへ

「夫婦和合がすべてを育む」

 

現在シングルの女性も、将来のパートナーシップ準備に有効です。

 

先着限定特典で、自分の子宮の声を聞くのに最適な

子宮ちゃん人形をプレゼントいたします。

(無くなり次第終了)

ふんどしパンツ ふんどし女子 フンパンのブログ.jpg

 

 

講師・渡辺カリンを知りたいかたは、

こちらをお求めください↓(バナーをクリック下さい)

ふんどしパンツ ふんどし女子 ノブログ